5月18日(火)18時より第8回サスケアリンク勉強交流会を開催します!

毎月第3火曜日夜に開催している第8回サスケアリンク勉強交流会のご案内です。

今回は「介護の生産性向上ってなに?」をテーマに皆で学びます。

生産性向上のための業務改善は処遇改善、処遇改善の取得にもつながる、介護事業者にとって必須のテーマです。
業務改善と言われても何から手を付けたら良いかわからない、、、、
そんなお悩みの方が多いと思いますが、非常にわかりやすく一連のフローで業務改善を実現できるスキームをご紹介します!

今回の講師である和泉さん、彦坂さんは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の「ロボット介護機器開発・標準化事業」に採択され、介護分野の業務改善ロボット(システム)の開発・検証・実証を行ってこられました。

※AMEDは下記参照

デジタル化の推進や科学的介護など今後改革が必須となっている介護福祉事業者の方々に非常に参考にして頂けると思います!
是非皆さんお誘いあわせの上ご参加下さい!

以下のフォームよりお申込下さいますようお願いいたします。

★こちらをクリック下さい 5月18日勉強交流会参加申込フォーム

ご不明点等ございましたら下記までご連絡くださいませ。
Mail:info@suscare.net TEL:0120-982-419

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今月のテーマ
「介護の生産性向上ってなに?」

日時:5月18日(火)18時~20時
18:00~ ご挨拶
知恵袋講義「ICTを活用した業務改善の取り組み勉強会」
講師:株式会社ヘルステクノロジー 代表取締役 和泉 逸平 氏
株式会社エフトス 事業部長 彦坂 俊充 氏
グループディスカッション
PRタイムなど
19:30~ 交流会(名古屋市内会場のみ)
20:00  終了

参加方法:オンラインまたは名古屋市内会場
(お申込後にご案内致します)

対象者:介護福祉事業経営者・幹部の方。知恵袋とその紹介者。

参加費:オンライン参加は無料、会場参加は2,000円
※参加費は当日会場にて現金にてお支払いください。(領収書を発行いたします)

会場定員:30名

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■知恵袋講師講義
テーマ:「ICTを活用した業務改善の取り組み勉強会」

講義内容(予定)
①介護サービスにおける生産性向上とは?
②AMED※ロボット介護機器開発・標準化事業での取り組み紹介
③まずは計画から見直そう! 無理な計画になっていませんか?
24Hシート(介護計画)と連携した業務改善計画
④事例紹介
※AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)は、国が定める「医療分野研究開発推進計画」に基づき、医薬品、医療機器・ヘルスケア、再生・細胞医療・遺伝子治療等6つの統合プロジェクトを中心とする研究開発を推進しています。

講師:株式会社ヘルステクノロジー 代表取締役 和泉 逸平氏

講師プロフィール:
2006年社会福祉法人及び特別養護老人ホーム設立準備室事務長、現理事。社会福祉士の資格も保有しており、介護の現場から経営まで幅広い知識とノウハウを持つ。 2016年に起業し移乗支援、見守り支援の導入実証、2017年より業務支援分野の介護ロボット開発を行い、センサ連携、業務時間分析、経営支援を行っている。

講師:株式会社エフトス 事業部長 彦坂 俊充 氏

講師プロフィール:
プロダクト責任者として業務支援システムの開発に携わり、これまで全国500以上の事業所へシステム導入やICTを活用した業務改善支援を行ってきた。研究代表者として国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和2年度「ロボット介護機器開発・標準化事業」に携わっている。

 

 

2021.04.22

▲ ページトップへ